引き出物BOOK

引き出物や香典返し、喜ばれる品、迷惑になってしまう品
黒い箱 ディナーセット

カタログギフト

お祝い

お返しの品についていろいろと紹介してきましたが、引き出物についても香典返しについても、現在はこれひとつで解決という万能なものがあります。
それが、カタログギフトです。

万人に受ける品はないので、カタログギフトについてもあまり好まないという人はいるでしょう。
しかしそれでも、カタログギフトにはメリットがたくさんあります。

ひとつ、持ち帰りにかさばりません。結婚式のあとであれば特に、大きなお皿などだと重いしかさばるしで大変なので、軽いと本当に助かります。
ひとつ、選ぶことができます。カタログギフトを贈ると様々な選択肢を与えることになるので、好きなものを選んでもらえますし、迷惑なものを贈ってしまうリスクを減らせます。
ひとつ、よい機会となります。少し高いものを買ってみようと思っても、なかなか手を出せないという人は多いでしょう。カタログギフトを贈ってもらえれば、普段は手を出さないけど気になっていたものに手を出すよい機会となるので、喜ばれます。

カタログギフトを好まない人に関しても、たかだか紙なので、顔写真入りお皿のように処遇に困ることはありません。
引き出物にはもちろん、香典返しにだって使えるので、迷ったらこれ、ということで間違いはないでしょう。


残らないもの

寿

引き出物については、特に決まったルールはありません。ハサミや包丁など、縁起の悪いものはできるだけ避けた方がいいですが、それも現在は絶対のルールというわけではありません。
あくまで、気持ちが大切なのです。

しかし、気持ちが大切だとはいっても、現在は残念ながら、人と人のつながりは薄くなっています。迷惑な品を贈られても「気持ちだから」と納得してくれる人ばかりではないでしょう。
なので、きちんと贈り分けをするにしても、十分な吟味が必要になります。

例えば、夫婦の顔写真が入ったお皿などの品は、ほぼ間違いなく迷惑になるでしょう。日用品としては使えませんし、飾っておくにも変だし、でも捨てられないので倉庫へ……ということになってしまいます。
他にも、持ち帰る時に重いものや、あとに残るくせに使いどころがないようなものは嫌われる傾向にあります。
なので、引き出物と言えば食器類が定番でしたが、現在はタオルなどの方が喜ばれます。余計なデザインになっていなければ使わないということはないですし、ボロボロになったら捨てるので、ずっと残るわけではありません。

香典返しについては、不祝儀は残さない方がいいという考え方から、残らないものが最適とされます。
食べものが定番で、そして間違いがないでしょう。お茶やコーヒー、干ししいたけ、お塩、お菓子などが考えられます。その際には、ある程度は日持ちするものを選びましょう。なので、お肉やお魚などは避けた方がいいです。


贈り分けについて

赤いリボン

相手に合わせて贈り物を変える「贈り分け」、これはやってもいいのでしょうか。

結婚式では、むしろこれが推奨されます。
引き出物はできるだけ贈られた人が喜ぶものを選ぶべきですが、結婚式のゲストとなると年代、性別、家族構成や好み等がバラバラになります。万人に受けるただひとつのもの、というのはありません。
なので、世代などである程度分けて、いくつかの種類の引き出物を用意するといいでしょう。

香典返しの場合は必ず贈り分けをします。というのも、いただく香典の額は人によってそれぞれだからです。
香典返しの場合は好みなどではなく、いただいた金額で分けてそれぞれ品を用意します。ただ、具体的な理由を添えて「使ってください」といただいた香典に対しては、香典返しは控えましょう。心遣いを無駄にしてはいけません。

ただ、近年は香典返しを葬儀のその日のうちに参列者に持ち帰ってもらうケースも増えています。
これは、まだできる地域とできない地域がありますので、葬儀業者などに相談するといいでしょう。
この場合は、もちろん香典の額なんて分かりませんので、一様に同じ品を用意します。贈り分けをしてはいけません。
そして、特に高額の不祝儀をくださった方に対しては、後日、つまり四十九日後、葬儀当日にお渡しした香典返しの分を差し引いた額のお返しを改めて贈るようにします。